RADIO EVA 032 VICTORINOX(5本組限定BOX)

創業125周年を迎えたスイスの老舗ブランド、ビクトリノックスとの限定BOX5本組みコラボレーション。               ヱヴァンゲリヲンはアニメーションという表現枠の中で、物語性に留まらず、セリフやデザインで多くの影響を与えてきた。世界的な人気を誇るヱヴァンゲリヲンのグッズを開発してweb上で話題をよんでいるRADIO EVA もキャラクターグッズという枠にとどまらず、アニメファン以外の幅広い層に支持されている。バッグやシューズやウェアなど、さまざまなブランドと共同製作を行い、アパレルや雑貨業界でもとりわけ人気が高い。また、インテリアセレクトショップIdea Frames(イデアフレイムス)表参道ヒルズで、2009年に『-imagination of EVANGELION Ⅱ- RADIO EVAのデザイン展』と題し、RADIO EVAが生み出してきたアイテムとそのデザインワークを中心に展示し、その足跡をたどる展示会が開かれたのも記憶に新しい。アパレルやインテリア、雑貨業界が注目している存在、それがRADIO EVAだ。

ここに紹介するのは、ビクトリノックス・マルチツールの5本組み限定BOX。ビクトリノックスは、2009年に、創業125周年を迎えたスイスの老舗ブランド。ビクトリノックスは、マルチツール、キッチンナイフだけではなく、リストウォッチ、トラベルギアやビジネスギア、さらには、アパレルにまでライフスタイル全般をトータルに提案するブランドだ。

長さ:58mm×幅:17mm×厚み:9mmというコンパクトながら、スモールブレード(小刃)・はさみ・ツースピック(楊枝)・ピンセット・マイナスドライバー・つめやすり・キーリングの7つの機能を持っている。今回「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の公開記念として製作された5本組みの限定セットには、ヱヴァンゲリヲン初号機、零号機、そして新2号機がデザインされている。ほかにもヱヴァファンには外せないネルフのロゴマーク。そして、RADIO EVAオリジナルで人気の高い「ヱヴァモノグラム」のラインナップになっている。また、ケースの裏面には、そのままディスプレイができるように透明ケースの切込み部分を広げると自立するような仕組みになっている。さらにナイフ(スモールブレード)部分にはEVANGELIONの文字が。

初号機、零号機、新2号機は色数が多く、POPでかわいらしい仕上がりになっているが、対照的にネルフのロゴとモノグラムはブラック主体のモノトーンな落ち着いた雰囲気で、カバンやバックパックの色に合わせて使うことができ、ユニセックス仕様。そのデザインにシルバーで燦然と輝くのは、ビクトリノックスのロゴマーク。

1884年にスイスで誕生し、以来1世紀以上にもわたり多くの人たちに愛用されてきたビクトリノックス。世界の高峰に挑むアルピニストたちが偉業を成し得、スペースシャトル乗組員の標準装備のひとつに採用されているほど。またニューヨーク近代美術館、ミュンヘン国立応用芸術美術館では、マルチツールをグッドデザインコレクションのひとつとして収蔵し、まさにアートに匹敵する美しさと賞賛している、まさに歴史に裏打ちされたアイテムなのだ。

ここでビクトリノックスのブランドヒストリーを紹介しておこう。
ビクトリノックスの物語は、スイスの小さな村から始まった。創業者であるカール・エルズナーは、1860年、帽子工場を営む夫婦の間に、4番目の息子として生を受ける。農業を除けばこれといった仕事のなかった村で、彼はナイフ作りの技術を学ぶことを決心し、ドイツ、フランスへと修行を積み重ねる。彼が刃物職人として独立する夢を叶えたのは、1884年、24歳の時。故郷のイーバッハでワークショップを開くと、やがてカール・エルズナーのつくる刃物の素晴らしさが人づてに知られるようになる。彼の名を一躍有名にしたのは、1891年にスイス陸軍に納入した「ソルジャーナイフ」だ。それまでドイツ刃物産業の中心地ゾーリンゲンから購入するのを慣例としていた軍が前例をひるがえし、母国スイスから購入を決めたのだ。それから、いくつものポケットツールが考案され、現在のビクトリノックスの原形ともいえる「オフィサーナイフ」に辿りつく。このモデルには、メインブレード、イレーシングブレード(小刃)、穴開け、缶切り、スクリュードライバー、コルク抜きの6つのパーツが装備されていた。6つのパーツに対してわずか2つのバネを使った、この新しいマルチツールは1897年に特許を取得、またたく間に人気を集め、外国からもさばき切れないほどの注文が押し寄せた。と同時に、ドイツから類似品が市場に溢れるという事態を招く。そこで1909年、類似品と区別するため、赤いハンドルにスイス製の証であるスイスの国章を初めて刻み、現在も、その使用をスイスから認められ、世界に多くの愛好者を持つ独創的なデザインがこうして生まれたのだ。

「Victorinox(ビクトリノックス)」。その名前は1909年に亡くなったカール・エルズナーの最愛する母のクリスチャンネーム「VICTORIA(ビクトリア)」と、1921年に発明されたステンレススチールの国際的な名称である「INOX(イノックス)」を一つに組み合わせたものだ。時代が生んだステンレススチールという新素材をいち早く採用し、ステンレススチール製ナイフの製造を決断するなど、伝統を踏襲しながらも常に新しい技術を取り入れる柔軟な姿勢は、今日のビクトリノックスにも脈々と受け継がれている。

わずか58mmのボディに、ナイフやはさみ、つめやすりなどの7つの機能がつまった ビクトリノックス・マルチツールのミニシリーズ。ここまで本物志向でコンパクトになったエヴァンゲリヲンは、これまでになかった。完全限定生産で入荷数に達ししだい販売終了となるので、早めに手に入れておこう。

text by 小池_弘

¥ 25,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 佐川急便

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 900円
    • 東北

      • 青森県 900円
      • 岩手県 900円
      • 宮城県 900円
      • 秋田県 900円
      • 山形県 900円
      • 福島県 900円
    • 関東

      • 茨城県 900円
      • 栃木県 900円
      • 群馬県 900円
      • 埼玉県 900円
      • 千葉県 900円
      • 東京都 900円
      • 神奈川県 900円
      • 山梨県 900円
    • 信越

      • 新潟県 900円
      • 長野県 900円
    • 北陸

      • 富山県 900円
      • 石川県 900円
      • 福井県 900円
    • 東海

      • 岐阜県 900円
      • 静岡県 900円
      • 愛知県 900円
      • 三重県 900円
    • 近畿

      • 滋賀県 900円
      • 京都府 900円
      • 大阪府 900円
      • 兵庫県 900円
      • 奈良県 900円
      • 和歌山県 900円
    • 中国

      • 鳥取県 900円
      • 島根県 900円
      • 岡山県 900円
      • 広島県 900円
      • 山口県 900円
    • 四国

      • 徳島県 900円
      • 香川県 900円
      • 愛媛県 900円
      • 高知県 900円
    • 九州

      • 福岡県 900円
      • 佐賀県 900円
      • 長崎県 900円
      • 熊本県 900円
      • 大分県 900円
      • 宮崎県 900円
      • 鹿児島県 900円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,900円

※8,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。