ジョニ・ミッチェルという生き方 / ミッシェル・マーサー

恋多きシンガーソングライター ジョニ・ミッチェルの素顔に迫るファン待望の翻訳        レナード・コーエン、デヴィッド・クロスビー、グレアム・ナッシュ、ジェイムス・テイラー、ジャコ・パストリアス、ラリー・クライン・・・数々のミュージシャンと恋に落ちた美しくも繊細なシンガーソングライター。彼女が変則チューニングを駆使して、歌声を披露する弾き語りスタイルは、いつだって斬新で刺激的だ。

ジョニ・ミッチェルは1943年11月7日にカナダのアルバータ州、フォート・マクラウドで生まれた。9歳の時、小児麻痺にかかり2度と歩けないと言われたが、見事に回復する。その後、ダンスや絵画に熱中し、将来は美術の世界で生きる決心をする。彼女の絵画が素晴らしいのはこの頃からで、個展のために来日したこともある。60年代前半に起こったフォーク・ブームのスターたちに憧れ、画家をあきらめフォーク・ミュージシャンになる道を選んだ。

彼女は、最初の夫だったチャック・ミッチェルとデュエットを組んで、そのキャリアをスタートさせるが、すぐに離婚。そして本格的に活動するため、ニューヨークへの移住を決意する。そこでソングライターとして活動を始める。同じ時期、ローラ・ニーロもライターとして活動を始めており、音楽の基礎知識に乏しかった2人はともに苦労を重ねている。次第に評価は上がり、ついにソロ・アルバムを作るチャンスが与えられる。デビュー・アルバムは『Song A Seagull』、プロデューサーは、その後彼女と恋に落ちることになるデヴィッド・クロスビーだ。

『青春の光と影』、『チェルシーの朝』、『ビッグ・イエロー・タクシー』を歌う歌手として、バフィー・セントメリーによってヒットした『サークル・ゲーム」、それに名曲『ウッドストック』の作者として、彼女は一躍時の人となる。こうして、アルバム『ブルー』、『バラにおくる』まで、彼女はシンガーソングライターとして大成功する。

74年発表の『コート・アンド・スパーク』から、ジャズ・ロックの方向へと大きく転換。サックス奏者、アレンジャーとして当時大活躍していたトム・スコット率いるLAエクスプレスやクルセイダースなどと一緒に作り上げたこの作品は、彼女の数多い作品の中でも傑作のひとつだ。ジャズの要素を強めるため、さらに多くのジャズ・ミュージシャンたちを起用し、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、パット・メセニー、マイケル・ブレッカーらとともに極めつけのジャズ・アルバム『ミンガス』を79年に発表する。このアルバムは、偉大なるジャズ・ベーシスト、チャーリー・ミンガスに捧げるアルバムとして制作されたが、発売前にチャーリー・ミンガスがこの世を去り、劇的な作品として話題を集めている。

彼女のジャズ時代、恋の相手として有名だったのが、ウェザー・リポートのベーシストだったジャコ・パストリアスだった。天才ベーシストとして一世を風靡した彼は、ウェザー・リポート解散後もソロとして大活躍するが、しだいに麻薬に溺れるようになり、精神的にも崩壊状態となっていった。そして、87年35歳という若さでこの世を去ってしまう。

彼女は彼と別れたのち、再び新たな展開を迎える。85年発表のアルバム『ドッグ・イート・ドッグ』、続く88年の『レインストームとCALKの痕』で、彼女は本格的なロック・アーティストとしての活躍をはじめる。歌詞には、再び『ビッグ・イエロー・タクシー』の頃の社会性が登場し、政治問題、自然保護の問題などが鋭い批判精神をもって歌われ、特に後者のアルバムには、曲の多彩さに合わせるように、ピーター・ガブリエル、トム・ペティ、ドン・ヘンリー、ブライアン・アダムスなど多彩なアーティストが登場し、彼女のロック界での人気の高さを証明した。ちなみに、この頃彼女は、「レインストームとCHALKの痕」を共同プロデュースしたロック・ベーシストのラリー・クラインと結婚していた。

70年イギリスのワイト島で、巨大なロック・イベントが行われる。ジミ・ヘンドリックスの名演でも有名なフェステイバルだが、残念ながらこのイベントは、フラワー・ムーブメントの崩壊を世に知らしめたライブとして、後世に語り継がれている。前年に行われたオルタモントのローリング・ストーンズ・コンサートにおける、黒人青年惨殺事件から、すでにその終わりは明らかだった。そしてこのイベントでは、その混乱がさらに吹き出し、観客と主催者とのトラブルや観客どうしの喧嘩だけでなく、アーティストたちへのヤジ攻撃など、その状況は混沌を極めていた。そんなコンサートにおいて、1人ギターを肩に舞台に立った女性アーティストがいた。彼女はしばらく観客のヤジにさらされたが、それに立ち向かうように力強く歌い始め、その凛とした姿は多くの観客の目を釘付けにし、感動を呼んだ。もちろん、それがジョニ・ミッチェルだ。

「みんなちょっと頭を冷やしたら。じっくり物事を考えるべき時じゃないの」
彼女の登場は、多くの点で時代の変化を感じさせるものだった。

巻末にはジョニの好きなもの・大好きなものリストが付く。ピンボール、バレエ、たばこ、作家、映画監督、ディランの曲、ニーチェ、ゴッホなどなど。インタビュー嫌いのジョニが残したコメントはどんな短いものでも貴重で興味深い。

作者のミッシェル・マーサーは、本書以外に、ジャズ・サキソフォンプレイヤーのウェイン・ショーターの伝記を出版。ジャーナリストとして『ニューヨークタイムス』や『ヴィレッジヴォイス』などで記事を執筆する一方、ラジオ・プロデューサーとしても活躍中。コロラドとブラジルに在住。原題は「Will You Take Me As I Am: Joni Mitchell's Blue Period」。

訳者の中谷ななみは、2002年より、音楽系の翻訳・通訳を開始。多数の音楽雑誌やメディアで、インタビュー通訳をはじめとし、歌詞対訳、翻訳等で活躍中。訳書に『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ』『ピンク・フロイドの狂気』(ブルース・インターアクションズ)がある。

彼女の奔放な人生に潜む真実を知りたい方は、ぜひ読んでほしい。

text by 小池_弘





【ジョニ・ミッチェル】(1943年11月7日 - )
カナダの女性シンガー・ソングライター、画家。
1997年にロックの殿堂入り。1969年から2007年にかけてグラミー賞を9回受賞している。映画「いちご白書」の主題歌や「青春の光と影」の成功により、その名が広く知られるようになった。ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500において、女性ソロ・アーティストとしては最高位に選ばれる。

■目次
はじめに
18歳の恋人診断テスト
8900万人の『ブルー』
広がり続けるジョニの世界
素顔のジョニ・ミッチェル
ジョニの恋
この本が目指すところ

ジョニ・ミッチェル主要年表

大地と大空を見つめて
青春の光と影
カナダの大草原で
絵画的な音楽
ジョーンが生まれ育った場所
芸術家のきっかけとなった障害
男の子と遊ぶほうが楽しい
完全な自信を持てない高校時代
伸びすぎたけしの花
カナダの景色とアーティスト
結婚生活から逃げだしたい
—アージ・フォー・ゴーイング・リヴァーで語られること

ミッチェルの逃避願望
マタラ海岸のヒッピーライフ
金ぴかの鳥かごの中で
洞窟で暮らしてみて
オール・アイ・ウォント
はじめての告白と罪の意識
男たちの告白
—ボブ・ディランとアウグスティヌス
自分自身を歌い始めたソングライターたち
自分の感情をさらけ出すこと
50万人との対峙
告白とは?
ミッチェルが表現しようとしているもの

詩人になれたかも
詩と歌詞の違い
かつての恋人、レナード・コーエン
スザンヌとマーシーの愛の経験
コーエンから受け取った芸術と愛
問いかけのコード
ブルーに込められた、様々な実験
ブルーが教えてくれること

ブルーになっていく
セラピーとブルーズを歌うこと
詩はすべてを癒してくれるのか?
歌うほどに深まるブルー
スターから隠者へ
ブルーにも描けなかった罪悪感
ジェームス・テイラーとの恋
70年代の恋愛スタイル
隠遁生活がもたらした変化

パーソナル・ソングライティングを超えて
ラスト・ワルツ
90年代のソングライター・リバイバル
傷つきやすくなんかなりたくないわ
助けて、また恋してしまったみたい
曲の背景にある本当の出来事

ありのままの自分を愛して
グレアム・ナッシュとの別れ
恋の終わりと60年代カルチャーの終焉
ジョニとビート文学
自分を受け入れる
ローリング・サンダー・ツアーの情事
仏教と出会って
逃避行
ありのままの自分と一緒に生きる

ジョニが好きなもの・大好きなもの

¥ 2,376

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 佐川急便

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 900円
    • 東北

      • 青森県 900円
      • 岩手県 900円
      • 宮城県 900円
      • 秋田県 900円
      • 山形県 900円
      • 福島県 900円
    • 関東

      • 茨城県 900円
      • 栃木県 900円
      • 群馬県 900円
      • 埼玉県 900円
      • 千葉県 900円
      • 東京都 900円
      • 神奈川県 900円
      • 山梨県 900円
    • 信越

      • 新潟県 900円
      • 長野県 900円
    • 北陸

      • 富山県 900円
      • 石川県 900円
      • 福井県 900円
    • 東海

      • 岐阜県 900円
      • 静岡県 900円
      • 愛知県 900円
      • 三重県 900円
    • 近畿

      • 滋賀県 900円
      • 京都府 900円
      • 大阪府 900円
      • 兵庫県 900円
      • 奈良県 900円
      • 和歌山県 900円
    • 中国

      • 鳥取県 900円
      • 島根県 900円
      • 岡山県 900円
      • 広島県 900円
      • 山口県 900円
    • 四国

      • 徳島県 900円
      • 香川県 900円
      • 愛媛県 900円
      • 高知県 900円
    • 九州

      • 福岡県 900円
      • 佐賀県 900円
      • 長崎県 900円
      • 熊本県 900円
      • 大分県 900円
      • 宮崎県 900円
      • 鹿児島県 900円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,900円

※8,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。