シューゲイザー・ディスク・ガイド

シューゲイザーを知りたい人、知っている人、どっちの人も満足できる一冊          マイ・ブラッディ・ヴァレンタインやライドが再結成し、シューゲイザーが再び注目を集めている。

シューゲイザーとは八十年代後半から九十年代前半にかけて流行した、荒々しいギターノイズとは対照的な甘美なメロディをのせたジャンルの音楽である。最近ではシューゲイザーに新しい解釈を加えた「ニューゲイザー」なるムーブメントがインディーズシーンで盛り上がっている。そんなベストなタイミングでシューゲイザーの名盤を紹介するのが、この「シューゲイザー・ディスク・ガイド」だ。

ページ数は多くは無いが、元々シューゲイザーというジャンルに限定した本なので、紹介されているアルバムの数は多い。内容はというと名盤の紹介はもちろんのこと、2000年代以降に表れたシューゲイザー、ニューゲイザーバンドの紹介、果ては機材考察まで行っている。

個人的に面白いと思ったのは、おおよそシューゲイザーとは繋がりの見えない、クラシック・ロックのアルバムとの比較。ビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」やヴェルヴェット・アンダーグラウンドのあの名盤までユニークな視点からシューゲイザーを考察している。

我こそは!と思う靴を見つめがちな人から、シューゲイザーを全く知らない人、果てはマイブラみたいなホワイトノイズを出してみたい!という内気なギター少年まで、みんなが楽しめる内容になっている。日本国民総シューゲイザー化計画の第一歩となるべく素晴らしい教科書、ついに出たね。

text by 和気充郎





●目次
はじめに 〜今こそ味わいたい“シューゲイザーの魅力”

●1章  シューゲイザーのオリジネイターたち
〜 90 年代に誕生、そもそも“ シューゲイザー” とは何なのか?
MY BLOODY VALENTINE 完全ディスコグラフィー
ビリンダ・ブッチャー・インタビュー
〜今だから明かせる、名作『Loveless』制作秘話〜 MBV 再始動までの道のり
シングルズ
〜シューゲイザー史上の重要シングル総覧

●2章  シューゲイザーの周辺
〜 90 年代のシーンを担った、シューゲイザーと関わりの深い音楽

●3章  シューゲイザーのルーツ
〜 60 年代から連綿と続いていたシューゲイザーの精神とは?

●4章  シューゲイザー・サウンド解説
〜わかる、作れる、楽しめる——サウンドの秘密を徹底解剖!
シューゲイザー・サウンドを作る機材ガイド 〜ギター、アンプ編
〜最強エフェクター図鑑
MBV サウンドのキー・マン、マイケル・ブレナン・インタビュー
ライヴ史で振り返るMBVサウンドの変遷

●5章  ニューゲイザー
〜音楽シーンを牽引するシューゲイザーの新世代

●6章  ジャパニーズ・シューゲイザー
〜日本で育まれた独自のシーン

●7章  シューゲイザーの遺伝子
〜ジャンルを越えて及ぶシューゲイザーの波動

COLUMN
主要レーベル紹介
シューゲイザーをより深く理解するためのキーワード解説
重要コンピレーション紹介
ちょっと意外なカヴァー集
ニューゲイザーの重要レーベル
美味ジャケ・ダサ・ジャケ——奥深きアートワークの世界
こんなところにシューゲイザー!
INDEX
あとがき〜“ フィードバック・ノイズ”は鳴りやまない


監修者略歴:
黒田隆憲 Takanori Kuroda
音楽ライター。大学時代に『Isn't Anything』を聴いて以来、MBV 一筋。卒業後は一旦就職するも、バンドでメジャー・デビュー。紆余曲折あって現在。好きなシューゲ・アルバムのベスト3は、 1 Fuck Buttons / Tarot Sport、2 Fleeting Joys / Despondent Transponder、3 Hartfield / True Color, True Lie もちろん『Loveless』は別格。エフェクターは MoogerFooger シリーズが好き。

佐藤一道 Kazumichi Sato
音楽ライター。元『Cookie Scene』編集部。現在、『kiki』を共同編集。音楽情報ブログ『Monchicon!』を共同運営中。共訳に『マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン』(P-Vine Books)がある。好きなシューゲは、1 My Bloody Valentine / Isn't Anything、2 Pale Saints / Mrs. Dolphin、3 Swervedriver / Raise。エフェクターはDigital Delayが好き。

周東香里 Kaori Shuto
轟音ライター。1 cruyff in the bedroom / perfect silence、2 Astrobrite / Whitenoisesuperstar、3 My Bloddy Valentine / Loveless。エフェクターはDanelectro DR-1 BACK TALKが好き。

小野 肇久 Motohisa Ono
diskunion 所属。販売や、Get Me? Records、DIFFUSE ECHO RECORDS などいろいろやってます。1 The Brother Kite / The Brother Kite、2 Boo Radleys / Everything's Alright Forever、3 Rocketship / A Certain Smile, A Certain Sadness。エフェクターはelectro- harmonix Big Muffが好き。

¥ 2,052

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 佐川急便

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 900円
    • 東北

      • 青森県 900円
      • 岩手県 900円
      • 宮城県 900円
      • 秋田県 900円
      • 山形県 900円
      • 福島県 900円
    • 関東

      • 茨城県 900円
      • 栃木県 900円
      • 群馬県 900円
      • 埼玉県 900円
      • 千葉県 900円
      • 東京都 900円
      • 神奈川県 900円
      • 山梨県 900円
    • 信越

      • 新潟県 900円
      • 長野県 900円
    • 北陸

      • 富山県 900円
      • 石川県 900円
      • 福井県 900円
    • 東海

      • 岐阜県 900円
      • 静岡県 900円
      • 愛知県 900円
      • 三重県 900円
    • 近畿

      • 滋賀県 900円
      • 京都府 900円
      • 大阪府 900円
      • 兵庫県 900円
      • 奈良県 900円
      • 和歌山県 900円
    • 中国

      • 鳥取県 900円
      • 島根県 900円
      • 岡山県 900円
      • 広島県 900円
      • 山口県 900円
    • 四国

      • 徳島県 900円
      • 香川県 900円
      • 愛媛県 900円
      • 高知県 900円
    • 九州

      • 福岡県 900円
      • 佐賀県 900円
      • 長崎県 900円
      • 熊本県 900円
      • 大分県 900円
      • 宮崎県 900円
      • 鹿児島県 900円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,900円

※8,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。