ケイブルホーグのバラード パンフレット | fundom

1/1

ケイブルホーグのバラード パンフレット

¥2,037 税込

¥8,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

「これは本物のバラードだ、私は笑い。そして泣いた」(サム・ペキンパー) 埋もれた名作ウェスタンの希少パンフレット           パンフレットの醍醐味はパラパラとページを捲りこれから始まる映画に期待を高める、もしくは観終わったあとにしみじみと余韻に浸る、このどちらか だ。自分の手の中で映画のワンシーンが蘇り、愛情たっぷりの解説や寄稿を読みながらフムフムと頷く。DVDのパッケージ解説では読み取れない深みが存分に 味わえるのが魅力だ。


誇り高い西部男の血を現代に受け継ぐ孤高の男、サム・ペキンパーの『ケーブル・ホーグのバラード』は、映画同様アメリカの広大な自然にゆったりと思いを馳せる気分になれるパンフレットだ。

監 督のサム・ペキンパーは、1961年『荒野のガンマン』でデビュー、翌年『昼下がりの決闘』、69年にはアメリカ映画史上に残る傑作『ワイルド・パンチ』 を完成させる。完全主義者のペキンパーは、出演者やプロデューサーと衝突が絶えないことでも有名で、一時はハリウッドから追放されたこともあった。そんな ペキンパーが70年に作り上げたのが、『ケーブル・ホーグのバラード』だ。銃をまともに撃てない男、ケーブル・ホーグの半生を淡々と描いたこの作品は、他 のペキンパー映画に比べ、派手さこそないが深い味わいと余韻に満ち、のちに「思い通りに完成させた唯一の映画だ」と自ら語っている。

1991年リバイバル上映時に製作されたパンフレットは、現在手に入る特別版のDVDとは異なるジャケットで、遠くを見つめるケーブル・ホーグがヒルディの肩に手を掛け、夕陽に染まる美しいイラストが表紙だ。

映画評論家の山田宏一氏による「遥かなる西部のバラード」や、映画監督黒沢清氏の「ペキンパーが思い出に変わる前に」、作家小林信彦氏が寄稿する「反英雄(アンチヒーロー)のユーモア」といった、いずれもペキンパーへ思い入れたっぷりに語る濃厚な文章は読み応え満点だ。

本 作公開当時、アメリカでは『ニューヨーク・タイムズ』が1970年度ベスト1に選出したほか、『タイムズ』、『ニューズウィーク』、『ライフ』などマスコ ミ各誌からは絶賛されながらも、興行的には振るわず、日本でも公開されたが早々に打ち切られた逸話があり、ファンの間では忘れられた名作となっている。

パンフレットを買ってから、DVDを買うのもよし。DVDを買ってから、パンフレットを買うのもよし。どちらにせよバーボン片手にページを捲れば、心地よくなるに違いない。     


砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード
原題:The Ballad of Cable Hogue
製作国:アメリカ
製作年:1970年
公開年月日:1970/10/24
製作会社:フィル・フェルドマン・プロ作品
配給:ワーナー
カラー/スタンダード

監督:サム・ペキンパー
製作総指揮:フィル・フェルドマン
製作:サム・ペキンパー
アソシエイト・プロデューサー:ウィリアム・ファラーラ
脚本:ジョン・クロフォード、エドモンド・ペニー
撮影:ルシアン・バラード
美術:リロイ・コールマン
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
編集:フランク・サンティロ

出演
ジェイソン・ロバーズ(Cable_Hogue)、ステラ・スティーヴンス(Hildy)、デイヴィッド・ワーナー(Joshua)、ストロザー・マーティン(Bowen)、スリム・ピケンズ(Ben)、L・Q・ジョーンズ(Taggart)    H257 / W182
16P表紙カラー / 本文モノクロ
中厚マットコート紙 / 約135k
1991年発行
デザイン:矢次事務所

CONDITION: DEAD STOCK

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (7)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,037 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品