コントロール パンフレット | fundom

1/1

コントロール パンフレット

¥713 税込

SOLD OUT

¥8,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

イギリス、マンチェスターのバンドで、ニュー・オーダーの前身としても知られるジョイ・ディヴィジョン。映画『コントロール』は、そのジョイ・ディヴィジョンの作詞&ボーカルで、23歳で命を絶った天才イアン・カーティスの短すぎる半生に迫った作品だ。これはその劇場販売用パンフレットである。

奇しくもデザインは、マンチェスター・ムーヴメントの栄枯盛衰を描いた『24アワー・パーティー・ピープル』の映画宣伝デザインも手がけたCipher.(サイファ。)。モノクロとピンクの使い方が絶妙なうえ、本文用紙を2種類使用したという細やかなこだわりが光る一品である。実際に手に取ってページをめくると、薄い紙と厚い紙が交互にくる。厚めのマットコート紙を使用したページには写真がゆったり配置され、薄い用紙を使用したページには文字情報がレイアウトされたわかりやすいデザイン。写真集のような雰囲気も持ち合わせている。

さて、このパンフレット、内容としてとく素晴らしかったのはプロダクションノートである。イアンの妻のデボラ・カーティスが書いた『タッチング・フロム・ア・ディスタンス』の映画化権の獲得、最初は「断った」というアントン・コービン監督が引き受けるまでの経緯、イアン・カーティス役のオーディションの話などなど。さらに、原作があるとはいえ、脚本化にあたって実在する人々の証言や確約をとっていく際に、かつてのメンバーはイアンの死から立ち直るためなのか、マンチェスター・ムーヴメントをくぐり抜けてきたためなのか、大量のドラッグ摂取で当時の記憶があいまいだし、愛人のアニーク・オノレに実名使用の許可をもらうまでも長い時間がかかったなど……と、その死が周囲の人々にまだ生々しい傷を残しているがゆえに、映画完成までになんと10年間(!)もかかったというその歩みをリアルに感じることができる。

そのほかにも、劇中で使われた「ATMOSPHERE」や「SHIE’S LOST CONTROL」などの対訳が読めるのもうれしい。また、音楽評論家の大鷹俊一と映画評論家の立田敦子が原稿を寄稿している。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (7)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥713 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品